インク代が思ったよりも

私達家族は毎年の年賀状印刷は全て自宅で行ってきました。
出来るだけ家族の顔写真や風景なども入れたいので、毎年デジカメで印刷したものをプリントしたいたんです。
自宅にいながら自由にデザインを組むことが出来ますし、手軽でとても良い方法だと思いました。
しかし1点だけ難点が、どうしてもインクをたくさん使ってしまうのでインク代が思ったよりも掛かってしまうのです。
今回はこれくらいで足りるだろうと思っていても、いきなりインクが不足してしまったりして買いに行くのも手間に感じたので、今回は年賀状プリントの印刷依頼をすることにしたのです。
デザインに関してはとても豊富な量がありましたし、早めの印刷依頼することでプリント代も割引になるので、とても良い方法だと思いました。
印刷依頼したほうがインク代もかかりませんし、自分で作業をする手間が省けるので、業者さんに依頼をしてみて良かったと思います。
手軽に依頼が出来て、仕上がりも早かったです。

印刷デザインの幅に限りが

知人に年賀状の印刷デザインを頼まれたのですが、相手から求められるデザインの要求が多すぎて、かなり印刷デザインの幅に限りが…。
幾度となくデザインを描いて、 印刷デザインを提出しても、気に入らないのか何度もボツをくらいました。
プリントアウトしてみたら雰囲気が変わった!と言われ、なんでだろう?と思ってデータを見てみると、RGBデータで描いていたことが分かりました。RGBデータはプリントアウトするには適さないデータなので、これは私の落ち度だな、思いデータをプリントアウト用に変換して提出しました。
今度こそ大丈夫だろうと思ったら、それもまたボツ。もうなんだかめげそうになりましたが、気合いでデザインを描き続けました。
何度も何度も提出していたら、そのうち気に入ったものがあったのかOKが出ました!
たかが年賀状のデザインだと思って気を抜いて居ましたが、まさかこんなに時間と労力がかかるとは…。
しかし、今回の印刷依頼でいろいろなことを学べたので、これはこれで良い経験になったかな?と思いました。

プリンターは以外に難しい

友人に年賀状を毎年たくさん書くのは面倒だと話したら、プリンターを使って年賀状印刷をすれば楽だと教えられたので、それは良さそうと思い、購入することにしました。
しかし私は元々パソコン操作自体があまり得意ではないため、プリンターの使用方法を覚えるのも一苦労で、ようやく印刷までこぎつけたと思ったら、紙の位置が悪かったのか、少しだけ斜めにプリントされたのでがっかりしました。
その後、何度かの試行錯誤の末、それなりに綺麗にプリントできるようになりましたが、自分が思っていたよりも色が薄かったりしたので、プリンターは以外に難しいし、私には完璧に使いこなすのは無理かも知れないと思いましたね。
それにインクの量が減るのが極端に速くて、ただでさえインク代は高いのに、これでは困ると思ったので、専門業者に印刷依頼をすることにしました。
出来上がった年賀状は、自分でプリントするよりもはるかに仕上がりが綺麗だし、面倒な手間もいらなくて良かったので、これからも専門業者に任せるつもりです。